ご挨拶

2013年、日緬国交60周年の前年でした。それまでは個々にミャンマーへ支援や交流活動をしてきた2つの団体がミャンマー大使館とともに第1回「ミャンマー祭り」を開催しました。その後、回を重ねるごとに規模は大きくなり、2016年の第4回では雨模様にもかかわらず4万人を超える来場者を迎えるまでになりました。

“リアルなミャンマーを紹介する”をコンセプトに開催を始めたミャンマー祭りには、もうひとつの目的「寺子屋支援」があります。第4回目の開催で寺子屋建設費寄付が実現し、本年12月にはバゴー管区バゴー市にレンガ、コンクリート2階建ての寺子屋が完成する予定です。

さて、第5回目開催にあたり、日緬友好のより強い架け橋になるための体制固めとして、一般社団法人ミャンマー祭りを設立し主催者としての責任を明確にしました。

ミャンマー祭りは次のステップに向かいます。「ミャンマーを知っていただく」からもう一歩進み、個々の相互理解をより促す体験・参加型の各種催しをご提供いたします。どうぞご期待ください。

一般社団法人ミャンマー祭り
代表理事 関口照生

ミャンマー祭り2019開催概要

名称 ~ようこそリアルなミャンマーへ~

ミャンマー祭り2019

開催趣旨 日緬友好の発展を目指すとともに、広く国民一般にミャンマーに関する正しい知識や企業活動の出会いの場を提供する。
さらに、民族・文化の相互理解を促進し、寺子屋などの支援活動も併せて行う。
開催日時 2019年5月25日(土) 10:00~18:00
5月26日(日) 10:00~16:00
実施会場 浄土宗大本山増上寺境内(東京都港区芝公園4-7-35)
出展規模 目標–社(企業、レストラン、NGO、NPO) —ブース
予定来場者 55,000人(2016年45,000人、2015年60,000人)
主催 一般社団法人ミャンマー祭り
共催 駐日ミャンマー大使館、NPO法人メコン総合研究所
入場料 無料

ミャンマー祭り2019

ミャンマー祭り2019

「ミャンマー祭り2019」ご協賛のお願い

拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
 本年6月にミャンマー祭2018を増上寺にて開催することができ、お陰様で成功裏に終えることができました。ご支援とご協賛を賜りました皆様には、この場を借りて心より厚く御礼申し上げます。
 さて、昨年10月にはミャンマーへの観光査証免除が施行され、両国における経済協力や国民間の友好協力も発展しております。
 当団体は、回を重ねる度に両国間の経済発展と親善交流に貢献できるよう、皆様からのご支援を賜りながら一層楽しく有意義なものに作り上げ、両国の交流の輪をさらに深く広げて参ります。2019年は5月25日(土)、26日(日)に港区・芝の増上寺にて、駐日ミャンマー連邦共和国大使館、NPO法人メコン総合研究所の共催により、ミャンマー祭り2019を開催します。当団体事業のミャンマー祭りはご賛同頂ける多数の企業・団体・個人の皆様からのご協賛金により運営しております。当団体の活動趣旨をご理解いただき、重ねましてご支援のほどよろしくお願い申し上げます。
敬具

1.協賛金名称  ミャンマー祭り2019
2.主   催  一般社団法人ミャンマー祭り
3.共   催  駐日ミャンマー連邦共和国大使館、NPO法人メコン総合研究所
4.実施期日  2019年5月25日(土)~5月26日(日)
5.会場  浄土宗大本山 増上寺境内 (東京都港区芝公園4-7-35)
6.プログラム  紹介ブース(ミャンマー料理・民族文化、ミャンマー支援団体活動、
 進出企業など)、民族音楽ライブ、教育支援プログラム、交流写真展ほか
7.募集内容  ◎ 特別協賛       300万円以上
 ◎ プラチナスポンサー  100万円以上
 ◎ ゴールドスポンサー   50万円以上
 ◎ シルバースポンサー   10万円以上
 ◎ 個人スポンサー     5万円以上
8.お申込み  別添「ご協賛申込書」にご記入の上、メール添付またはFAXにてお申し込み
ください。※物品でのご協賛も募集しております。

なお、ご不明な点がございましたら、ご遠慮なく下記の事務局までお問い合わせください。

一般社団法人ミャンマー祭り
代表理事 関口照生

【お問い合わせ先】

一般社団法人ミャンマー祭り 担当:久保、ティンタイ、鋪田
Email : info@myanmarfestival.org 
 電話:03-6811-1212

Myanmar Festival 2019 Request for Sponsorship

Dear All,

Greeting from Myanmar Festival Corporation.
Thank you very much for the warm support and cooperation you have shown in the past.
Without your support and encouragement, our success wouldn’t have been possible.

Now, I am pleased to inform you that the Myanmar Festival 2019 will be held in partnership with the Embassy of the Republic of the Union of Myanmar in Japan, and the nonprofit General Mekong Initiative from May 25-26, 2019 at Zojoji-Temple in Tokyo, Japan.
As in previous years, it has grown to be a major annual event established to promote the Myanmar which are food culture and traditional culture, traditional performing arts, business matching etc.
The Myanmar Festival Corporation will engage in corporate social communication activities between Japan and Myanmar through its core business as the “Myanmar Festival” to meet society’s expectations and deepen mutual understanding to create a better society for the next generation. A gain to the company is, this event is a great opportunity to grow your sales pipeline and increase the number of potential closed deals.
As a sponsor, you will receive an advertisement service and will also be entitled to a decoration booth for the event, the reception tickets and so on. We look forward to seeing you in the venue again.

Please accept our most sincere thanks for your support.

Yours sincerely.

= Outline =
1. Title of sponsorship: Myanmar Festival 2019
2. Organizer: Myanmar Festival Corporation
Co-organizers: The embassy of the Republic of the Union of Myanmar in Japan, Grater Mekong Initiative
3. Dates: May 25-26 (Sat.-Sun.), 2019
4. Venue: Zojoji Temple (Buddhism’s Pure Land sect.) 4-7-35 Shibakoen, Minato-ku, Tokyo JAPAN 105-0011
5. Number of visitors: 70,000 (tentative) / 2018: 65,000 visitors (approx.)
6. Program: Traditional music and dance performance, arts on stage, Japan-Myanmar friendship photo exhibition,
Exhibit booths: To show own products and services, corporate initiatives, Myanmar foods and culture
exchange, fashion and general goods, Report of support for activities contributing to Myanmar, and other events.
[Fundraising target]
35 million yen.
Uses for funds: To cover the operating expense of the Myanmar Festival 2019, to assist education the children who goes to the Myanmar Festival school that called TERAKOYA by Thadama Gone Yi Nun School in Bago, Myanmar.
 Type of Sponsorship
• Special sponsor: 3 million yen or more • Platinum sponsor: 1 million yen or more
• Gold sponsor: 500,000 yen or more • Silver sponsor: 100,000 yen
• Individual sponsor: 50,000 yen or more
For more further information please find the attached sponsorship documents.

Teruo SEKIGUCHI
Representative Director
Myanmar Festival Corporation

[Contact]

Myanmar Festival Corporation
Kazuko Kubo(Ms.), Thein Htaik(Mr.), Midori Shikita(Ms.)
3rd floor, 3-26-24, Toyo-cho, Koto-ku, Tokyo, JAPAN 135-0016
Email : info@myanmarfestival.org 

ご協賛のメリット

■広報活動 ポスター・チラシ・会場マップ掲載、SNSによるPR

ミャンマー祭りではテレビ・ラジオ・新聞・雑誌取材などを通してミャンマーの魅力を発信し、多様なメディアを活用したPRを展開します。

  • ・都市圏JR沿線駅張りポスターB1掲示を2週間ほど展開(1日平均79万人へアプローチ、昨年実績:88駅150枚)
  • ・公式ホームページやFacebook(11月現在6,100人がフォロー)などのSNSの有効活用
  • ・ミャンマー国内発行の月刊紙(発行部数:12,000部、日本国内でも各所に設置)やフリーマガジン等へのチラシ掲載
  • ・ご協賛の内容に応じ、約65,000人の来場者へ企業ロゴマークを配した単独看板や会場マップで直接アピールが可能
myanmar

■ミャンマー進出企業等とのネットワーキング

ティラワ経済特区やダウェー経済特区など近年経済発展が著しい現地ミャンマーで成功を収めている進出企業ならびに近い将来進出を検討している企業やミャンマー関連企業・団体から毎年ご支援・ご協力を賜っております。また、日本市場へ参入を検討しているローカル企業の協賛や出店もあることから現地の最新情報をより早く掴めるネットワークができます。ミャンマー祭りを介して、ローカル企業とのマッチングが成功した事例もあります。2018年はミャンマー中小企業庁と各州のそれぞれ代表者が来日しブースで特産品を紹介、レセプションでは親睦を深めました。

myanmar

■ビジネスリンクセミナーの優先情報提供

駐日ミャンマー連邦共和国大使館をはじめミャンマーに精通する専門家と連携し、最新経済動向情報をいち早く提供するビジネスセミナーを開催します。セミナー開催情報は一般公開の前に協賛企業様へ優先的にご案内いたします。

myanmar

■ミャンマーの子どもたちへの教育支援・社会的貢献

ご協賛金はミャンマー祭りの運営と小中学校に通うことが困難な子どもたちの教育支援に充てられます。僧院・尼僧院が運営する現地の寺子屋(小中学校と同等の教育)の活動資金としてミャンマーの子どもたちのもとへ直接寄附をしています。御社のCSR活動の一環として活用いただけます。

myanmar

Myanmar Festival 2019 Sponsorship contents

■Event Advertising and Event Promotion Strategy

The Myanmar Festival 2019 utilizes various media to conduct public relations activities.

  • ・To place an advertisement in a local business monthly magazine (12,000 copies), free papers, and others.
  • ・Each poster will be posted for 2 weeks at JR railway stations in metropolitan area.
    (2018: 150 posters, 88 stations, Average of 79.2 million people use these stations each day)
  • ・It is utilized effectively for SNS such as official homepage and Facebook (over 6,100 followers as of November)
  • ・We provide a place where you can make a direct approach to approximately 70,000 visitors and reach potential customers.
myanmar

■Business Seminar and Reception Party

Join this networking opportunity! A lots of outstanding business people who are interested in doing a business in Myanmar will gather to exchange information with you frankly. The executives and decision maker from BIG-NAME companies will be here. We will help you to meet the right people.

myanmar

■Corporate Social Responsibility

The sponsorship money will be donated to the Myanmar festival and at the same time it will be donated to the Myanmar Festival’s TERAKOYA runs by Thadama Gone Yi Nun School in Bago, Myanmar. It can be utilized as part of CSR as your company’s international social contribution activities.

myanmar

ご協賛の枠組み

ミャンマー祭り2019

Sponsorship

ミャンマー祭り2019